遺産の分割について

遺産の分割について

相続人が複数いる場合、被相続人の死亡によって開始した相続はどのような流れをたどるのでしょうか。相続をめぐるトラブルが起きやすいのも複数の相続人がいて、利害が対立しているからですし、財産が多い少ないに関わらず相続争いは起こる可能性があります。
ここでは、相続人が複数いる場合に行われる遺産の分割についてみてまいりましょう。
被相続人が生前に遺言等を残して、相続分を指定している場合は、遺産分割の問題とはなりませんが、それがない場合や相続分が割合のみで定められているような場合は遺産分割協議の方法によって、誰が、どの財産を、どのような方法で、どれだけ取得するかを決めることになります。
遺産分割協議にあたって、遺言執行者があらかじめ指定されている場合は、遺言執行者が、この問題についての権限を有することになりますので従う必要があります。
また、遺産分割協議を行うにあたっては、相続人全員の参加のもとで行われなかった場合は無効になってしまうため、相続人が全員揃っているかを確認する必要があります。もし、相続人の一部の者が行方不明の場合は、家庭裁判所にお願いして、不在者財産管理人を立てることになります。
次に、遺産分割方法には現物分割・代償分割・換価分割の三種類があります。
現物分割とは、遺産その物を分ける方法で、理想としては各相続人の相続分通りに分けることになります。ただ、現物を分けるため、ぴったりに分けることが難しいため、取得対価に差があるときはその差を金銭で埋めたりします。(代償分割)
代償分割とは、上述の通り、相続分を超えて財産を取得する場合にその差額を金銭の支払いによって埋める方法をいいます。
換価分割とは、遺産となる物をあらかじめ売却して、金銭に換えて分配する方法です。現物の分割が難しい場合や、分割することによって価値が低下する場合などに用いられます。この方法による場合は、売却などの処分に必要となる費用や譲渡所得税などに気をつける必要があります。
これらの方法で行われる遺産分割協議は、相続人の任意の話し合いになりますので、内容をある程度自由に決めることが可能です。
遺産分割が整うと相続の時に遡ってその効力を生じることになります。
最後に、遺産分割協議が整ったら、忘れてはいけないのが登記になります。相続することになった財産中に、不動産など登記がないと第三者に権利主張できないものがあった場合は、後々トラブルになることを防ぐために、早期に登記をすることをお勧めします。