音楽葬にしたいと思った理由

音楽葬にしたいと思った理由

以前音楽葬に出席した事があります。 出席する前に「音楽葬」だと言う事を聞き、悲しさ反面どんな葬式になるのだろうと思っていました。 葬儀会場は他のお葬式とはそれ程違わないのですが、でもどことなく雰囲気が穏やかだった気がします。会場に入った時から静かに聞いた事がある曲が流れ、「ああ、これが音楽葬なのか」と思っていたら、それは音楽葬のイントロみたいなもので、時間が過ぎ、ほとんどの人が揃った頃になると、まるでコンサートが始まるような雰囲気になり、いい音の曲が流れ始めました。 懐かしい曲を聴きながら、故人を思い出していると、お葬式と言う事も忘れ、故人と一緒に音楽を楽しんでいる気分になりました。 こんな音楽葬なら自分の時も音楽葬にしてもらおうと思っています。

 

音楽葬をするうえでの絶対的注意点


昨今、音楽葬というものが行われるようになって久しい。音楽葬とはその字の通り音楽に包まれた葬儀である。親族や友人、弔問に訪れた方に故人が生前愛してやまなかった音楽を聴いて頂くと共に、反対の目線としてその音楽によって故人を送ろうという両方の意味合いがある。ただ、音楽葬は言ってみればコンサートと同じような性格を持ち合わせているので、コンサートのオーディエンスをしらけさせないよう注意が必要である。まず、会場については音楽葬であるからには音響設備の整った施設を用意したい。これが音がただ逃げていく風通しの良いお寺や家庭用ステレオで間に合わせた自宅などでは音楽葬を行う場所としては役不足になってしまう。さらに音楽は故人の趣味嗜好にあったものをきちん理解しておかなければならない。故人をよく知る弔問された友人の方が疑問を抱くような選曲をしない為だ。その2点さえ謝らなければそれなりの音楽葬は可能だろう。