音楽葬について

音楽葬について

音楽葬とは、文字通り、音楽を用いた葬儀スタイルのことをいいます。特に形式を重んじるものではないため、自由葬の一つに含まれるといえます。従来、音楽葬は一般的に行われてはおらず、ミュージシャンや映画関係者など音楽に関わりの深い業界にいた人の葬儀で行われていた程度でしたが、近年では一般向けに音楽葬を企画・実施する葬儀社も増えて来ています。 音楽葬に用いる音楽に決まりはなく、故人の好きだった音楽や故人の思い出の音楽を流せばよいとされますが、人気が高いのはヒーリング効果もありあまり大音量ではないクラシック音楽のようです。その他にも、弦楽器やピアノを用いた生演奏も人気が高いとのことです。もちろん、ロック、エスニック、民謡などあらゆる音楽が音楽葬においてかけることができることはいうまでもありません。 生演奏の場合は、プロに依頼することもできますし、知人等に楽器を嗜んでいる方がいる場合はその方々にお願いすることもできます。 また、全部を音楽葬にする必要はなく、仏式の葬儀において一部音楽を流すといった方法がとられることもあります。 音楽葬において、他の自由葬と同様、形式がない分、どのタイミングで何をかけて、どう進行していくかの打ち合わせが重要になります。 とはいえ、特定の宗旨・宗派にとらわれない葬儀である自由葬でも一定のパターンが出来上がっており、音楽葬においても例外ではありません。そのパターンとは、開場したのちに、黙祷を行い、献奏という形で演奏を行って、参列者が献花ないし焼香をしてお別れをし、遺族が挨拶をした後に出棺するというものです。献奏という形でプログラムに入れる場合もありますが、献花時やお別れ時にバックグラウンドで演奏をするというパターンも人気とのことです。 音楽葬を行いたい場合に注意しなければならないのは、依頼する葬儀業者が音楽葬に対する経験をもっているか、機材をしっかりと押さえられるかという点と、楽器が演奏できるもしくは音楽が流せる斎場を押さえられるかという点です。 斎場については、非常に重要で、セレモニーホールによってはいくつかの葬儀が同時進行的に行われている場合があるため、そのような場合は他の葬儀との関係で音量の大きなものがかけられない、演奏できないという可能性があるからです。 このような点に気をつけながら、故人と関係の深い方々とともに、故人を音楽で送ってあげることは一つの葬儀の形として素晴らしいものだと私は思います。