お焼香の種類と作法

お焼香の種類と作法

通夜や葬儀に参列し、ご自身のお焼香の順番になると緊張してしまう方はいらっしゃいませんか? 失敗が冗談で済まされる環境でないことなどが影響していると思いますが、こういった方は多い様です。 解決策はただひとつ! 正しいお焼香の方法を知ることです。 ただし、お焼香の手順については宗派による違いがありますので、事前に喪家より宗派の案内があった場合などは、その宗派の作法に則って行い、そうではない場合は一般的に失礼のない作法で行うと良いでしょう。 私が以前参列した葬儀では、お焼香の前に担当の方が、喪家の信仰する宗派によるお焼香の作法を説明してくれたことがありました。初めての経験でしたが、みなさんその作法に則ってお焼香されていました。故人またはご遺族がある宗派の熱心な信者さんの場合は、こういったこともあるようです。 □お焼香の手順(立礼) 立って行うお焼香の手順です。 ・祭壇の少し手前まで進み、僧侶、ご遺族に一礼します。 ・祭壇前に進み、合掌拝礼。 ・抹香を指でつまみ、額の高さまでおし頂きます。 ・抹香を香炉に静かに落とします。 ・1回3回繰り返します。 ・祭壇に向かい合掌拝礼。 ・後ろに3歩ほど退き、拝礼 ・僧侶、ご遺族に一礼して席に戻ります。 □お焼香の手順(座礼) お座敷などで行う焼香は座って行われます。座礼でのお焼香の手順です。 ・祭壇前までは腰を低くして進みます。 ・僧侶、ご遺族に一礼。 ・膝で前に進み、合掌拝礼。 ・抹香を指でつまみ額の高さでおし頂きます。 ・香炉に抹香を静かに落とします。 ・1回3回繰り返します。 ・合掌礼拝。 ・膝で少し退き、僧侶、ご遺族に一礼。 ・立ち上がって席に戻ります。 お焼香の回数を13回と書きましたが、例えば真言宗は3回、曹洞宗は2回、臨済宗は1回などと宗派により様々なのです。 喪家の宗派が予め分かっている場合には、ネットなどで簡単に調べられますので、その作法に則って行うのが良いでしょう。 宗派が分からない場合には、通常参列者より前に行われる喪家の焼香を見ておくことをお勧めします。