自由葬について

自由葬について

自由葬とは、無宗教葬ともよばれ、宗教ごとに決められている形式にこだわらない葬儀の総称をいいます。このようなスタイルが出てきた背景には、特定の宗教を信仰しない人が日本において相当数いること、寺院とのかかわりあいを持たない人や家族が増えてきたこと、形式を重視するのではないという考え方が出てきたこと、葬儀を個性に応じて故人を偲び送り出す最良の方法を選択することがよいのではないかと考える人が増えてきたことが挙げられ、葬儀の大部分を占めるには至っていませんが、増加してきていることはたしかなようです。 このような自由葬には、僧職・神職・牧師・司祭などの宗教者を呼ばないで行うという特徴があり、一般的な仏式の葬儀で行われる戒名付けに伴った戒名料が不要であることも支持される一因であると考えられます。 ただ、自由葬においてはその進行をどうするかをご遺族等が細かく決めなくてはならないので、アウトラインが決まっている各宗教の葬儀よりも詳細な打ち合わせが必要となること、周りからの理解を得る努力が必要となること、参列者への配慮が必要となること、法要の実施をどうするかなど検討しなくてはならない課題も多くあるのが実情です。 特に、参列者を戸惑わせないことや進行を綿密に練っておくことが、自由葬を行う上で重要となるポイントではないでしょうか。 参列する側としては、香典の書き方一つをとってもどのように表書をすればよいかなど悩む場面が出てきます。もっともこの点について、自由葬においては、御花料といった形で香典の表書がされることが多いようですが、参列者も自由でよいと思われるので、仏式の書き方等でも問題はないでしょう。 また、上記の課題を念頭に、各宗教の形式的な部分と組み合わせて行われることもあるようです。 例えば、自由葬にしたからといって、仏式のやりかたを一切とりいれてはならないわけではないので、法要に関しては寺院に依頼することや、四十九日という仏式での句切れを取り入れ、四十九日に何か催しを企画するなどのことは可能なのです。 葬儀とは、故人を偲びお別れをするものであるというところから考えると、形式にのみこだわるのではなく、故人らしさを前面に押しだした葬儀ということで思いのこもった自由葬のスタイルをとることがこれからさらに増加していくのではないかと私は思っています。 心をこめて送り出すという部分は宗教葬でも、無宗教葬(自由葬)でも変わらないコアの部分になりますので、その部分さえあれば、葬儀の形式は問わないという流れが定着する日も近いのではないでしょうか。